水沢えり子のDVD親が激怒した内容

水沢えり子のDVD親が激怒した内容

水沢えり子のDVD親が激怒した内容

美少女ヲタクなので、今日は可愛らしい女の子のイメージ動画について取上げてみます。

事務所が色々エロいことさせたのか?

 水沢えり子さんってご存知でしょうか?右の写真のとおり綺麗な娘さんです。ジュニアアイドルとしてこれまで活躍してこられましたけれど、親御さんがDVDを見て激怒して所属事務所を辞めることになったそうです。本記事のソース元となったブログは事務所が書かせているものなので、もうすぐ削除されるのではないかとみております。一応魚拓は取りましたけれど、デリケートな部分もあるのでここでは引用に留めておきます。あえてアメブロへのリンクも張りません。全文読みたい方は「水沢えり子 ブログ」ででも検索してみてください。

DVDをお母さんがみて

幻滅したらしいです。
激怒されました。

 

そういう物が世の中に商品として
売り出された事もちろん本意ではありません。

 

本意でないのに続けてしまった事、
不満があったのに
なんだかんだやっていた事、
これは自己責任だと自覚し、
反省しています。

 

お母さんに言われたからではなくて
えり自身が、泣きながらDVDを撮って、嫌な事をやっていても
しょうがないと思いました。
なにより、まわりに迷惑もかけるし
失礼だと思いました。

エッチなことでも一生懸命やるしかなかった。

 しっかりした良い子ですよね。エッチなことをいっぱいさせられているのに歯を食いしばって頑張られたことと思います。周囲を気遣ってますね。こういう良い子だからこそDVDを見て癒されるのだと思います。需要があるから益々使われます。優しい子だから迷惑かけないように、一生懸命やるしかなかったのでしょう。

 イメージビデオの内容については後述しますけれど、ユーザー目線ではえり子さんがしてきた努力が報われない内容ではないと思います。えり子さんの動画無しではやっていけない人もいることでしょう。それぐらいの価値がある動画だと思います。でも親御さんにしてみれば、あの内容では絶対に辞めさせたくなりますよね。私が保護者であれば同じことをすると思います。
 撮影の仕事は若くて稼げるときにカメラ回しっぱなしのスケジュールなので、寝ても覚めてもエッチなビデオ撮影漬けの日々だったのかもしれません。

仕事に対しての不満があり

精神的、肉体的にも限界でした。


 事務所にとってこの文面はすぐにでも削除したいくらいの内容でしょう。「そんなにひどい撮影だったのか」という印象を与えます。それをしないのは削除したら最後、ファンからのクレーム殺到で藪蛇になるからにほかありません。事務所の所属もなくなったことと思いますけれど、ブログをどうするかは水沢えり子さんの本音を尊重して決めて欲しいものですね。アメブロにとってはアクセスを稼げるのでブログを残してほしいでしょうけれど…。

安達祐実さんとの共通点

 水沢えり子さんはアイドルのお仕事を始められた頃、家や学校に居場所が無かったそうです。仕事場の皆さんが心の隙間を埋めてくれたようなニュアンスが書かれています。

家で嫌な事があっても

学校で嫌な事があっても
みんなに会うと楽しかったです。

 子役で一世を風靡した安達祐実さんのことを思い出しました。TVや週刊誌に何度も取り上げられましたが、安達さんは子役時代に学校で酷い虐めに遭っていたそうですね。学校に行くたびに同級生から身体を触られる(マンコやオッパイとか)性的な虐めだったそうです。可愛い顔しているので悪戯されたのでしょうか。酷いけどエロい話ですよね。現場に行くと周りがチヤホヤして心の隙間を埋めてくれるのは仕事だからで、落ち目になった途端に冷たくなる話も聞きました。

 中学生ではそういうところまではわからないと思われます。親御さんも水沢えり子さんもこれから大変でしょうけれど良い展開になるといいですね。

動画を見た感想

 湿っぽい深刻な話ばかり色々書きましたけれど・・・。問題の動画を見れば全部ぶっ飛びます。これはエロいです。少なくとも僕にとってはネ申です。

  1. 大開脚&股間バッチリ拝める胸のふくらみや形の良い尻など見どころが多い。
  2. 仕事とはいえ大開脚で股を開かされる美脚が眩しい。
  3. 可愛い笑顔がいっぱいで股間がエロい。

 180度の大開脚で魅了してくれます。彼女は身体が軟らかくどんなエッチなポーズも上手にこなしそそられますよ。えり子さんごめんなさい!
 もう引退でしょうから水沢えり子さんのこれ以上の作品は出てきませんね。水沢えり子さんの課外授業は下記にあります。
>>水沢えり子 課外授業

リンク集紹介(アダルトサイト)

業界筆頭のランキングサイト

 

10万超からの上位リンク集

 

トップへ戻る