バイブルブラック外伝

バイブルブラック外伝@

【作品の概要】

バイブルブラックの舞台となる12年前の学園。占星術や呪術に興味をもつ高城寛子をはじめとする仲良し三人組は、生徒会長の小園奈美に魔術の存在を嘲笑される。その小園奈美はレズビアンで気に入った女学生と性行為を繰り返していた。後輩の持田潤子は恋人で、さらに転校生である美少女北見麗華も小園がセックスしたくてつきまとっていた。高城らはあるとき中世の手書きの魔導書を使手に入れ、翻訳した魔術が使えるものかどうか試してみることにした。魔術を小園の”恋人”持田潤子にかけて、全校集会の壇上でストリップを演じさせてみた。突然素っ裸になってオマンコを開きオナニーする潤子。その効果に驚く高城たちだった。そして小園を慕う不細工なキモ男平谷の依頼により小園を平谷の虜にする魔術をかけた。キモ男の平谷とセックス漬けの毎日を送る小園。

バイブルブラック外伝A

【作品の概要】

高城らは学園中の悩みをネタに魔術で荒稼ぎする毎日を過ごしていた。小園にかけた魔術を解いて、魔術クラブのメンバーに加えたあたりから物語は急展開する。悪魔を降臨させる儀式を行ったときに、悪魔にオマンコやアナルを犯されて高城が入院してしまった。その隙に小園が最も強い悪魔の力を手に入れるために儀式を行おうとしていた。それには人間の処女の生贄が必要だった。小園が生贄に選んだのは、自分を冷たくあしらっていた北見麗華だった。悪魔降臨の危険を思い知らされた小園の制止を無視してその儀式は行われた。が、悪魔が降臨しない。というのも小園が捕らえさせた北見麗華は寸前に処女でなくなっていたからだ。捕らえた手下が小園の指示を破り麗華の処女を奪ってしまっていたのだった。そこで小園がとった行動が儀式に参加したメンバーも生贄にすることだった。悪魔が降臨するかしないかのとき、最後の力をふりしぼった北見麗華に儀式用の剣で小園は刺し殺してしまう。北見の前に降臨する悪魔が契約のことで口を開いた。北見は悪魔と契約して命を落とさず、その場を立ち去った。

リンク集紹介(アダルトサイト)

業界筆頭のランキングサイト

 

10万超からの上位リンク集

 

トップへ戻る