クラスメイトのお母さん

クラスメイトのお母さん@

【作品の概要】

 五十嵐准は、誠京学園に通う2年生。そんな彼が教師暦10年以上のベテラン女教師・南雲恵子に恋をした。彼女は38歳でオバサンといっても良い年頃。しかも、その左手の薬指には結婚指輪が光っていた。密かに想いを寄せていたが彼女の娘でクラスメイトの紗依から父親とは死別し、今は独り身であることを知った。准は、恵子先生に自分の想いを伝えようと放課後の宿直室を訪ねるが、そこで豊満な乳房を露にし、乳首から母乳を出している恵子先生を目撃してしまい・・・。先生、そしてクラスメイトの母親。そして色々な想いが交錯する純愛ストーリー。

クラスメイトのお母さんA

【作品の概要】

 准が電話に出ると相手は恵子だった。「准君?あぁ。なんで貴方なの。。。そんな事されたら、私。。あの。。明日、駅ビルの喫茶店で。。。」、それだけ言って切れる電話。准は電話のことを紗依に訊ねられますが、恵子からの電話であることを告げられず誤魔化してしまいます。待ち合わせの時間も決めていなかったのに、申し合わせたかのように、同じ時間に現れる恵子と准。会えない時が無かったかのように身体を重ねる二人。恵子はもう紗依の元には戻れないと告げる。恵子はすがり付こうとする准を振り払って去っていく・・。その姿を偶然見てしまう紗依。次の日、昨日の事を引きずり元気の無い准。紗依は准のことを気遣う振りをします。しかし准は気の無い返事をするばかり。紗依はひきずるようにして准を自宅へ連れて行くだった…

リンク集紹介(アダルトサイト)

業界筆頭のランキングサイト

 

10万超からの上位リンク集

 

トップへ戻る