学園の狩猟者

学園の狩猟者@

【作品の概要】

 加納修一が妹のノエルと会ったのは六年ぶりだった。それは交通事故で死んだ両親の葬儀の席であった。兄妹といっても、二人はそれぞれの親の連れ子だったので血の繋がりは無いのだが・・・加納は両親を憎み、そんな父が再婚して出来た家庭を嫌っていた。だから高校を卒業すると、すぐに家を出てしまい、その後一回も家には帰らなかったのだ。葬儀が終わって一息ついた時。ノエルは加納が一枚の写真を見ている姿を目撃する。それは、幼い彼と実の両親のものだったのだ。ノエルは「お兄ちゃん、これで二人だけになっちゃったね。これからは仲良く一緒にやっていこう・・・」と兄に語りかけ、自分と兄が一緒に写っている写真を持ち出すのだった。しかし加納は「二人きりか・・・。つまり、お前は俺のものってわけだ」と、ノエルに襲いかかるのだった。加納は何かに取り付かれたように、祭壇の前で喪服を引き裂いてノエルの処女を奪うのだった・・・

学園の狩猟者A

【作品の概要】

 楽器倉庫で加納は白音との濃厚なプレイに興じていた。隣の音楽室では合唱部の練習が行われていて、気付かれないかどうかのギリギリの状況に興奮する白音であった。加納はそのプレイの間に、白音から大三郎の選挙戦のスケジュール、彼の邸宅の様子、侵入方法などの情報を得るていた。一方、ノエルはその時、三つ子に「新入生のくせに生意気だ」と因縁をつけられ、体育倉庫に連れ込まれてイジメを受けていたのだった。侵入計画に協力させようと寮にノエルを訪ねた加納だが彼女はいない。そして彼女を探している間に、加納はイジメの現場にでくわし、懲らしめのためという理由で三つ子の体を欲しがる。助けてもらってホッとしたノエルだが、やがて三つ子と嬉々として交わ続ける兄の姿を見て悲しくなるのだった・・・

リンク集紹介(アダルトサイト)

業界筆頭のランキングサイト

 

10万超からの上位リンク集

 

トップへ戻る