魔が堕ちる夜

魔が堕ちる夜−第一章デ−モニックプリンセス

【作品の概要】

 魔王ザーバッハの娘、シェリスエルネス=ザーバッハ。魔界のプリンセスは自分の臣下を虐殺した魔神ギルバに報復するために人界へ赴くが、敵の仕掛けた卑劣な罠の前に囚われ、陵辱の餌食とされてしまう…。敵に蹂躙されるゴスロリドレスに包まれた肢体。女魔術師、メデューナのるスライム触手に牝の弱点をくまなく暴かれ、嬲りものにされる漆黒の魔姫。被虐と背徳の快楽に少女はただ堕ちていくのだった…。

魔が堕ちる夜−第二章淫らな水師

【作品の概要】

 大人気ノベル『魔が堕ちる夜』待望の第2弾!魔界の王女・シェリスエルネスは仇敵・魔神ギルバを追い人間界へと現れた。そこで出会った女退魔師・木戸茜を淫らな術で仲間にし、敵のアジトへと迫るシェリスだったが魔神の眷属たちの襲撃を受け、水使いメデューナに敗れてしまう。メデューナの操る粘水触手に拘束される魔姫。身動きできない汚れなき肢体に、淫らな粘りを帯びた触手が絡みつく。無惨に破かれていくドレス、シェリスの身に襲いかかる人智を越えた陵辱の数々。魔界の王女の気丈な意思が白濁色の快楽に塗りかえられていく。

魔が堕ちる夜−第三章敗北者の淫母

【作品の概要】

 宿敵ギルバによって処女を奪われたシェリスは、ギルバの眷属・ミーティの策により、さらなる辱めを味わわされる事となる。ミーティの術で身体を操られ、シェリスは人間たちの前で痴女さながらの振る舞いを強いられる。自らの尻尾で肛門を穿り、指で陰唇を押し広げて、精液をおねだりする淫らな姿に、人間たちの理性は狂わされていくのだった。次々とシェリスの身体に群がる男たち。牝穴すべてが勃起した怒張に貫かれたうえ、手には肉棒を握らされ、顔をはじめとした身体中がペニスと白濁に汚し尽くされていく。

リンク集紹介(アダルトサイト)

業界筆頭のランキングサイト

 

10万超からの上位リンク集

 

トップへ戻る