しらはま温泉宿和式便所盗撮

しらはま温泉宿和式便所盗撮

しらはま温泉宿和式便所盗撮

しら○ま温泉宿和式便所

しら○ま温泉とは白浜温泉

 和式便所に仕掛けた複数カメラによる盗撮ビデオです。無修正でモザイクは掛かっておりません。しら○ま温泉と伏字されていますがこれは南紀白浜温泉のようです。こういう有名観光地には修学旅行の学生さんも立ち寄りますよね。女の子が便器をまたぐと真正面からオマンコが接写されるという、何とも大胆な盗撮映像です。

超小型CCDカメラ

 このビデオ撮影で便器に仕込んだカメラが「超小型CCDカメラ」です。CCDカメラというのはデジタルカメラのことです。CCDすなわち光をデジタル信号に変える素子の進歩によって、このビデオが撮られた2000年代初頭には先端のレンズが直径5mmの極小化が実現し、パッと見てもわからないくらい小さなカメラが作られるようになりました。
 ビデオを見る限り接写に近い撮影ですのでオマンコの細部まで極めて鮮明です。アングル的にもオマンコを撮ることに重点が置かれており、高解像度な局部映像が見られるほか小便や大便が出てくる様子が微細に観察できます。警戒の厳しい現代においては、これだけアングルが良くて鮮明・大写しの映像は中々ありません。

 

>>無修正サンプルあり

 

本物盗撮

 これだけ凄い局部映像だとヤラセと思われるかもしれませんが、ビデオの内容を見た限りではヤラセではありません。理由がいくつかあります。
 まず、被写体が明らかに未成年と思われるからです。成人女性であればヤラセ出演もあり得ますけれど、未成年者をアダルトビデオに出演させたら即逮捕ですからありえませんね。しかも本件では被写体の人数が多すぎます。こんなに大勢をヤラセ目的で集めたのであれば、あからさまに不自然で目立ちすぎます。会話の内容やトイレ以外の映像等々を確認すると女子高生をこっそり撮ったのではないかと思われます。

このビデオが撮られた背景

 このビデオの著作権者は紀州書店という盗撮ものを扱うビデオ屋さんです。紀州書店は国内の事業者であり表の作品しか販売できないので、海外サイトが買い取って配信している裏動画(無修正)ということになります。紀州書店の「紀州」というのはもちろん和歌山県を指しており、和歌山と盗撮ビデオといえばWAC事件が思い起こされますね。1980年代から2000年代初頭にかけてWAC作品はもちろんのこと、まとまった数の紀州ものが色々なルートで出回りました。
 盗撮に関しては和歌山県下の温泉や旅館が軒並み狙われて、紀州は「盗撮のメッカ」の様相でした。その名残が「しら○ま温泉宿シリーズ」と言えるでしょう。この年代の和歌山産盗撮ビデオは本物盗撮という期待感から珍重され、喩えるならボジョレー・ヌーヴォーやストラディバリウスのように高級ブランド化しているような状況です。

例えばこんな動画があります。

 女子高生のオマンコが団体丸ごと見られます。他にも大人の女性がちらほら。綺麗な子が多いです。無修正なので局部鑑賞用にもばっちり。

 

>>シリーズ動画一覧を見る
しら○ま温泉宿和式便所

リンク集紹介(アダルトサイト)

業界筆頭のランキングサイト

 

10万超からの上位リンク集

 

トップへ戻る